トップドイツ美大受験オンラインクラス

ドイツ美大受験準備
オンラインクラス

オンラインでドイツ美大受験

将来的にドイツ美大受験を目指す方や、ドイツの美大に興味があるけれど何から始めたらいいのかわからない方、美大は目指さないがドイツのアートの基礎的な考え方を学びたい とお考えの方を対象としたクラスです。

コロナ禍により本格的に始まったPinselのドイツ美大受験オンラインクラスですが、オンライン通話で一人ひとりの生徒さんとじっくり対話を行いながら授業が進んでいきます。美術の経験の有無にかかわらずそれぞれの生徒さんのペースに合わせてマンツーマン授業を行なっていますので、初心者の方もご利用いただけます。
現在はドイツ美大受験もオンラインとなり、今まではドイツでしかできず費用もかさんだ受験準備も、日本に居ながらコストを抑えて行うことが可能です。

オンラインでのグループ講評会等も定期的に行っていますので、同じくご自宅で作品制作を行いながらドイツ美大進学を目指すオンラインクラスの生徒さん方と意見交換・ディスカッションを行うことができます。

ドイツの美大は学費が無料

生徒さん方がドイツ留学を検討した一番の理由としては、ドイツの美大は学費が無料(1つの州を除く)という点です。正確にいうと、学費は年間で4〜7万円程度ですが、これに定期代が含まれていたり、美大生は市内の美術館を無料や安価で訪れることができます。学生はアルバイト(ミニジョブ)として450ユーロ/月程度までアルバイトもできます。

ドイツは欧州先進国の中でも比較的物価が安く治安が良いため住みやすく、留学にはとても人気な国です。美術館やギャラリーでは常に国際的なアート作品に触れることができ、イタリア、フランス、オーストリア、スイス、イギリス、スペインなど近隣諸国への展示やイベントにも安価で行くことができます。また、ドイツ語ができればオーストリア・スイスの美大進学も検討できます。

海外で経験を積んでみたい、海外の美大で美術を学びたい、でもイギリスやアメリカの大学の、年間何百万円の学費は払えない。そのような方に、ドイツ美大進学をお勧めします。

都内では対面クラスも開催中!

News!5月から金土の時間帯に変更となります

都内にお住まいで対面クラスをご希望なさる方は、高津戸が講師として勤務しております創形美術学校さん・海外美術留学準備コース(金土ドイツ対策)へのご参加もご検討下さい。
対面授業は、金 9−14時、土 9−16時の週2日で行われ、1ヶ月からお申し込み可能です。現在開講中で、感染対策(検温の実施、生徒さん同士で十分な距離をとっての制作)を行いながら少人数で授業が行われております。
対面クラスは無料で見学を行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

講師

高津戸 優子(Yuko Takatsudo)website

ドイツに10年間滞在し日本とドイツで美大を卒業し、現在も東京とベルリンを拠点にアーティスト活動中。現地ではベルリンアートスクール Atelier HY+(アトリエエイチワイプラス)を6年間経営し、数多くの多国籍な生徒さん方をドイツ美大進学に導きました。現在は日本で引き続きドイツ美大進学を目指す生徒さんのサポートを行なっています。

1987 埼玉県生まれ
2006〜2010 東京芸術大学 絵画科・油画専攻
2010〜2016 ミュンヘン芸術アカデミー 自由芸術科 マイスターシューラーとして卒業

2010〜2014 ミュンヘン滞在、2014〜2020ベルリン滞在。
2014〜2020 ベルリンアートスクールAtelier HY+経営。
2020 日本に帰国

News!
東京・赤坂のドイツ文化会館(OAG Haus)にて高津戸の個展 ”こんにちワールド” が開催されます。4月19〜25日 毎日10−18時まで。入場無料。
〒107−005 東京都港区赤坂7−5−56 ドイツ文化会館1階ホール
4月21日にZoomで行ったアーティストトーク(ドイツ語)の様子をご覧いただけます。
こちら(Vimeo Link)

このような方に受講をお勧めします

  • ドイツ美大受験を目指す方(初心者・経験者問わず)
  • ドイツ美大受験に興味があるがお悩みの方
  • 将来的にドイツでの美大進学や作家活動に興味がある方
  • すでにドイツに滞在中で、マッペ(ポートフォリオ)制作や受験についてアドバイスが欲しい方
  • ドイツ美大受験の最中・直前で、まとめとしてアドバイス・サポートを必要とする方
  • 美大進学のためではないが、欧州の美術の基礎的な考え方を学びたい方

ドイツ美術大学 専攻分野一例

  • Malerei und Grafik  (絵画とグラフィック)
  • Bildhauerei (彫刻とインスタレーション)
  • Kunst und Medien (メディアアート科)
  • Innenarchitektur  (インテリアデザイン)
  • Modedesign  (モードデザイン)
  • Produktdesign  (プロダクトデザイン)
  • Illustration und Buchdesign  (イラストレーション・ブックデザイン)
  • Textil und Flächendesign  (テキスタイル・平面デザイン)
  • Visuelle Kommunikation  (ヴィジュアルコミュニケーション)

絵画やデザインのように絵画的な要素が必須となる科のみならず、彫刻・インスタレーション科のように作品コンセプト等をまとめる必要のある科についてもサポートをしています。

マッペとは?

"Mappe(マッペ)" とは日本語で言うポートフォリオにあたりますが、ドイツの美術大学を受験する際はこのマッペが必須になります。例年一次審査は現物(オリジナル作品)提出でしたが、現在はコロナ禍のため多くの美大でPDFポートフォリオの提出が一次審査となっています。また、教授との面談・試験などもオンライン通話で行われています。

ドイツでは各大学・専攻により求められるマッペの内容が異なり、また日本のポートフォリオの作り方とも異なります。それぞれの受験生は時間をかけて作品作りをしてマッペとしてまとめ、自身の作品をプレゼンテーションします。日本の美大受験とは大きく異なり試験当日に描いた作品のみで合否が決まるわけではありませんので、マッペ提出まで時間をかけて作品制作をすることができますが、その分完成度のあるマッペを作るには時間を要します。

ドイツ美大受験の時期は?

大学により受験の時期は異なりますが、受験は通常例年1、2月頃から始まり一番遅い大学は6月頃、無事合格となれば10月入学です。1月頃から実際に教授と話す場面も増えますので、受験前年の年末にはある程度作品の方向性があり、ドイツ語でもコミュニケーションできるようになっていなければ受験を乗り切ることができません。(夏〜秋頃の受験で4月入学の大学も僅かにあります)

過去の生徒さんが進学した専攻は、絵画・デザイン・インスタレーション・ファッション・プロダクトデザイン等様々です。作品制作を行いながら、あなたの興味・個性が感じられる充実したマッペを完成させましょう。
クリエイティブなことに興味があるけれど、どの専攻を目指すか迷っている・そもそも受験についても検討中だと言う方もご安心ください。じっくりご自身の目標を定めていきましょう。

オンラインでのドイツ美大受験について

  • ドイツの美大に興味がある。だけど何から始めたらいいのかわからない。
  • そもそもドイツの美大ってどんなところ?受験では何をするの?
  • 自分が受験をしても受かる可能性があるの?
  • 本当にオンラインの受講のみで美大を目指せるの?

と、様々な疑問や不安を持たれている方は多いのではないでしょうか。いつか受験のために渡独をするぞ!と一口に言っても時間もお金もかかりますので、ご自分の進路を変えたり仕事を辞めて渡独をする決意を固めるのは容易なことではありません。現在はコロナの影響もあり皆さん渡独の見通しを立てられない状況であると思います。しかし、この状況が良くなればドイツに行くことを希望している方は多くいらっしゃいます。

今までは現地に滞在しながらでないと難しかったドイツ美大受験ですが、多くの大学が昨年度からオンラインでのポートフォリオ提出・面談に切り替えて受験に対応しています。ドイツ語習得についても、現地の語学学校が本格的なオンライン授業を開始したためご自宅で受講できるようになりました。

肝心のマッペ制作に関してですが、現地のベルリンアートスクール Atelier HY+で対面で行っていた授業の内容・個別の指導をオンライン用にアレンジしています。作品制作についてのアドバイスはもちろん、進路相談にもその都度オンラインにてご相談に乗らせていただきます。

ドイツの美大受験ではデッサン力や実技よりもクリエイティブさやその人の興味・作品制作に対する取り組み方・内容を見られますので、生徒さん一人一人と対話をしながらご自宅で制作をしていただくスタイルでドイツ美大受験を目指すことができます。

自宅でオンライン授業

本来の渡独予定を延期し、残念に思われた方も多くいらっしゃるかと思います。コロナ禍で本格的に開始された当オンラインクラスですが、是非オンラインの利点にも目を向けて頂ければと思います。

  • 都合の良い日に受講ができる(学業・お仕事をしながらの受験準備も可能)
  • 世界中どこからでも受講ができる(日本での準備が可能)
  • 比較的低価格での受講が可能(対面授業よりもお得)

オンラインクラス受講中にご意見やお悩みがあればその都度ご相談・改善をし、生徒さんにとって一回一回意義のある授業を行うよう心がけて行きたいと思っています。

授業では作品制作のみならずドイツの美大について・ドイツの生活について・作家活動や卒業後の進路について等、何でもご質問ください。クラスを受講するなかで受験までのイメージを掴んでいただき、みなさんのご自宅での作品制作・受験までの道のりをサポートします。

美大卒の方へ

日本で美大を卒業されてから進学を目指す方にも、学生ビザが取得できる・大学にアトリエを持てる・学割がある・コネクションができる、ドイツ美大進学はとてもお勧めです。ドイツで見ることのできる最新の国際的なアート作品はクオリティが高いですし、コロナ禍でも話題となりましたがドイツは芸術家への支援が手厚いという点でも卒業後も引き続きドイツに滞在し作家活動や仕事をする方が多いです。

私は芸大を出た後、日本で仕事をしながら作家活動をして行くことにリアリティを持てず、ドイツ美大進学を目指しました。ドイツに行く前は数年で帰るだろうと思っていましたが、学生となり、卒業後もベルリンで生活をしながらアーティスト活動を行い、結果10年間ドイツに滞在することになり、多くの経験を積むことができました。

美大卒の方がドイツでの美大進学を目指そうとする場合、すでにご自身の作品スタイルがある程度できており、そのスタイルでドイツの美大を受験するのだと思われている方が多いのではないでしょうか。今まで作品スタイルで美大進学を目指すことは決して間違ってはいませんが、日本でやってきたことにこだわってしまうと新天地での新しい作品作り・動きを生み出すのにとても苦労します。

異国の地で改めて美術を勉強をしたい!と決意しお金も時間もかけるのですから、今まで行ってきた事とは異なる新しい作品を作るために行くのだと思い、新しい試みで制作した作品を作り受験に臨んでください。教授もあなたが今まで何をしてきたのかだけでなく、あなたのアイディア・思想や文化背景・今後挑戦していきたいことに興味を持っています。 

美大進学の目的は作品制作の継続・発展であって受験そのものではありません。知らない間に目標が受験にすり替わってしまうと作品も評価されることを意識しすぎて硬くなってしまいます。もちろん受験についてもその都度ご相談に乗らせて頂きサポートをしておりますが、一番重要となるのは作品作りです。そういった意味で、このオンラインクラスはドイツ美大受験のノウハウを知るのみではなく、新しい作品作りのきっかけを作る機会と思っていただければと思います。

最新のドイツ美大受験情報を知る

何十校とある美大の応募要項や応募日程などのチェックは、それだけで骨が折れる作業です。私自身、それぞれの生徒さんの志望校を全て把握して完璧にチェックすることはできず、基本的には生徒さんご自身で責任を持って応募要項などをご確認頂いております。しかし、授業の際には応募に関してその都度ご相談に乗らせていただいており、画面共有をしながらご一緒にホームページを確認したり等、できる限りのサポートをしています。

ご自身でチェックしきれない各大学のオンライン説明会の日程・試験の日程など、他の生徒さん方とご一緒に応募情報をチェックしたときに見つけた最新の情報を、その都度チャットにてシェアしています。

これは受験直前の時期のみだけ必要なことではなく、来年以降に受験を控えている方もオンラインの大学説明会へ参加したり大学の展示などを観ることで、より現地の大学の雰囲気を感じていただくことができます。現地に行けないからこそ、可能な限りの情報を集めて大学のイメージをより明確なものにしていきましょう。

オンラインクラス授業内容

  • 短期コース 週1で4回のオンライン授業。
  • 長期コース 週1で8回のオンライン授業。

短期コース(4授業)、もしくは長期コース(8授業)の受講をお選びいただけます。授業は1対1のオンラインでのテレビ通話となり、1授業につき最大1時間半〜2時間です。オンライン画面共有を行い作品制作のアドバイスを書き出しながら授業を行っています。
オンラインであるからこそじっくりお話をすることが大事です。些細な事でも、その都度疑問点やご意見があればご遠慮なくお伝え下さい。一方的な授業ではなく、生徒さん自身が考え対話しながら理解を深めていくことを心がけています。

1〜4授業目(短期・長期共通)
授業スタートです! 週1で授業を行っていきます。まずはどの専攻にも重要である基礎的なこと(構図について・抽象と具象とは)について学んで頂き、授業の内容を踏まえて翌週までに制作して頂く課題を提示します。生徒さんのペースに合わせて課題を行って頂けますので、初心者の方もご安心下さい。
作品制作の経験がある方は、今後どのような制作を行っていきたいのかお聞かせください。ドイツ美大受験について、その他進路相談についても不明な点があればその都度詳しくお話させて頂きます。
短期コースの受講が終了となる方は、受講を通して今後の作品作りについて・大まかな受験の流れ等を掴んでいただけたかと思います。

5〜8授業目(長期のみ)
長期コース受講の方は、4回の授業の内容を踏まえそれぞれの専攻やテーマに沿った内容で作品制作を行っていきます。生徒さんの作品制作の進行具合を見て課題を出す事もありますが、基本的にはご自身の興味があるテーマで制作を進めていただきます。受験への意思をより確かめることができ、その後の作品制作をより深めていく段階に進めます。

受講終了後
短期または長期コースでどれぐらい作品制作、マッペ(ポートフォリオ)制作が進むかは生徒さん次第です。受講を終了なさりご自身で制作を進めて進めていく方、受講を延長しサポートを受けながら受験に臨む方、別の道を歩むべくスタートなさる方、皆さんそれぞれの歩み方があります。

グループ講評会への参加(短期・長期共通)
月に一度、定期的にオンライングループ講評会を開催しています。参加人数にもよりますが、毎回約3時間ほど行われます。ご自身の作品をプレゼンする事で考えを整理でき、他の方から意見をもらえるのはもちろん、専攻を問わず他の生徒さんの制作状況を知る事ができます。皆さん参加する前は緊張なさいますが、作品について他の方と深く話し合える機会となり、参加いただいた生徒さんにはご好評いただいております。

その他
・授業のご予約は生徒さんのご予定に合わせて個別に対応しています。
・基本的には平日に授業を承っております。
・授業はスカイプでのテレビ通話、画面共有、チャット上で画像送信のやり取りをしながら進行します。
・授業の前日までに制作をした作品の写真等をメールやスカイプのチャット上にお送りいただきます。
・受講中は授業時以外でもご質問があればお気軽にチャットでご連絡ください。
・ドイツ語添削・インタビュー練習などのサポートが必要な方には、現地語学学校でのマンツーマンレッスンや、クリスチャンによるドイツ語サポートをご案内しています。

オンラインクラス受講期間・価格

短期コース:計4回のオンライン授業
期間:5週間
価格:37,000円

長期コース:計8回のオンライン授業
期間:10週間
価格:64,000円

  • 初回お申し込み時、更新後はそれぞれコースにより有効期限がございます。
    初回お申し込み時:短期コース(5週間)、長期コース(10週間)
    更新後:短期コース(10週間)、長期コース(20週間)
    これはご自宅での制作のペースをつかむ・オンラインで何かを学ぶ という面で、定期的なコミュニケーションが必須となるためです。
  • 受講をご希望の方は、お申し込みフォームよりご連絡ください。追ってお申し込み方法の詳細をお送りいたします。
  • 銀行振り込み・PayPalでのお支払いが可能です。

オンライン有料進路相談

様々な疑問を相談してから受講を検討したいという方へ、有料進路相談を行っております。
メールでも随時無料でご質問を受け付けていますが有料進路相談ではより幅広い質問にお答えいたします。

価格:9,000円 (約1時間半〜2時間)

ご相談内容一例

・ドイツの美術大学ではどのような事を学べるのか
・ドイツの美術大学の学位のシステムについて
・受験までのドイツ語習得スケジュールについて
・他の生徒さんが合格までにどのような準備をしていたのか
・自分にも応募資格があるか    ・ドイツでアートを勉強する利点
・初心者でも進学するのは可能か  ・複数の専攻で迷っているが違いは何か
・卒業後にどのような進路があるか ・就職を考えるとどの専攻が良いのか

その他

応募資格があるかどうか等を明確にするため、面談前にお送りするフォーマットにご自身の経歴等をご記入頂きます。進路相談でお話しする内容は誤りがないよう注意を払っていますが、試験の情報は随時変化します。正確性を保証できるものでないことを予めご了承下さい。

割引

有料進路相談をご利用頂いた後2週間以内にクラス受講をお申し込み頂いた場合、受講料より2,000円(短期コース)、もしくは4,000円(長期コース)お値引きした金額で受講いただけます。
クラスの受講開始時期は、有料進路相談より2週間以降でも問題ありません。

よくあるご質問

そのほか、

・お問い合わせ・よくあるご質問についてはこちら
・クラスお申し込みはこちら
・ドイツ美大合格実績はこちら
・ドイツ語習得についてはこちら

をご覧ください。